2010年10月27日水曜日

データベースセキュリティ

のお話・・・ではなかったりします。すいません。

http://japan.cnet.com/extra/hitachi-system_201006/story/0,3800106548,20421182,00.htm

こちらの漫画。つぐみママすげー・・・っていうのではなく、結構難しいお話も漫画+会話形式にされるとなんとなく理解できる気がするから不思議です。

日本人の心「漫画」・・・と書くと、つっこまれそうですが、解りづらいことを解りやすく・・・ということを考える場合は有効なんでしょうね。

ただし、その分枚数と手間が増えるわけで・・・。結局は「読み手にかかる手間」と「情報発信者にかかる手間」は変わらないのかもしれません。

情報が簡単になる→読み手は楽→発信者は手間
情報がぶっきらぼう→読み手はしんどい→発信者は英語のまま

など。

結局は、どういう人が読み手か?って想定してサービスは作られていくと思います。
この記事の場合、意思決定者である情報サービス管理者がそんなに本職ではない・・・という想定なんでしょうね。

そいういうのを考えると、その媒体に来ている人のプロフィールも想像できて楽しい・・・と思ったひととき。的外れかもしれませんが(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿